サイトメニュー

気分が優れない時の薬

錠剤

種類と特徴とは

気分が優れないのは、うつ病のせいかもしれません。強いストレスを感じることで発症する可能性がある病気で、患者数も多くなっています。自分がうつ病だと診断された場合は、抗うつ剤を服用することで精神的に楽になります。日本で抗うつ剤が市販薬として販売されているわけではなく、医師の診断を経て処方してもらわなくてはなりません。精神科や心療内科などの医療施設へ行って、自分がうつ病なのか他の病気なのかを診断してもらってください。必要だと医師が判断した時に、抗うつ剤を処方してもらえます。基本的には処方箋がないと入手することはできませんが、通販サイトを使って入手することができます。正確には個人輸入代行サイトと言い、海外で市販されている医薬品を代行業者が入手してくれます。ただし、どんな抗うつ剤を飲んでも同じような効果があるわけではないので医師の診察を一度はしたほうが良いです。医師に処方された抗うつ剤と同じ薬を探して注文するのならば、自分に合っているので効果が出るはずです。うつ病はとても種類が多いので、どれに該当するかを知った上で抗うつ剤を服用しなければなりません。一般的に言われるうつ病とは大うつ病性障害のことで、抑うつ気分になったり興味をなくしたりすると言った特徴があります。また、焦りや思考停止したり睡眠障害を起こしたりするなど、人によっても症状には違いがあります。双極性障害もうつ病の一つで、気分が異常に高まる時と抑うつ気分の時とを交互に繰り返す病気です。物心がついた時から自分に自信がなく、自分のことを好きになれない気分変調性障害もうつ病の1種です。気が付かないで放置してしまうと摂食障害やパニック障害を起こす危険性もあります。非定型うつ病と言う、これまでのうつ病には該当しない種類が登場しました。抑うつ症状は出るものの程度が軽いので、大うつ病性障害には分類されません。気分が沈むことはあっても自分にとって興味のあることを前にすると抑うつ症状が改善するので本人も気付きにくいです。これらの他にも種類があり、抗うつ剤を治療に使うことで気分を安定することができます。自分に該当する症状があったのならば、精神科や心療内科を受診して適切に抗うつ剤を使ってください。