サイトメニュー

治療経験がポイント

看護師

患者に合う治療

抗うつ剤はうつ病になったときに使用する薬です。うつ病は気分が沈む、辛い気持ちになるという症状がありますが、これは脳内のセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌に異常が発生して起こるものです。脳内の神経伝達物質は分泌されるとすぐに細胞に吸収されます。分泌されてから細胞に吸収されるまでの間に神経伝達物質の濃度が一定であることで精神は安定しますが、神経伝達物質の分泌量が減ると濃度が下がり、不安などの気持ちが現れます。そのため抗うつ剤では分泌された神経伝達物質がすぐに細胞に取り込まれないようにコントロールします。そうすることで分泌量が減った状態でも神経伝達物質の濃度を保つことが可能になり、精神を安定することができます。また、脳内の神経伝達物質そのものの分泌量を増やす作用のある薬も使用されます。効果が出るまでには時間がかかります。そのため、最初は医師の指示どおりに服用し、効果が実感できない場合には相談して服用する量を増やすなどの対応を取ります。抗うつ剤は脳内の神経伝達物質のみに作用するものですが、分泌量を増やすこと、あるいは細胞への取り込みを阻害することにより、副作用が起こることもあります。医師は患者の症状からどの抗うつ剤が最も適しているかを判断します。そのため、病院を選ぶ際には十分な治療経験のある医師が診察する病院を選ぶことが重要です。また、抗うつ剤に対する知識が豊富であることも大事です。抗うつ剤は研究が続けられており、どんどん新しいものが登場しています。ただ、新しい薬であれば絶対に効果があるということではなく、古くから使用されている薬の方が効果があるということも珍しくありません。つまり、患者との相性が大事な要素となります。そのことからも服用を開始しても途中で使用する薬を変更することは珍しいことではありません。その判断は医師が行いますが、患者の様子から判断することになります。また、どのような変化があったか医師に伝えることも大事です。つまり、一方的に薬を処方して終わりではなく、患者とこまめにコミュニケーションを取る病院が良いと言えます。