サイトメニュー

さまざまな効果がある

医薬品

医師に希望を伝える

抗うつ剤はうつ病の症状を改善するために使用します。うつ病では脳内の神経伝達物質の分泌に異常が発生して症状が出ます。そのため、抗うつ剤は脳内の神経伝達物質に作用します。セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンがうつ病と大きく関係している神経伝達物質です。これらの物質は分泌されたあと、すぐに細胞に取り込まれます。分泌されてから細胞に取り込まれる間に脳内に一定の濃度で存在することが必要です。しかしながら、分泌量が減ると濃度が下がり、それによりうつ病の症状が起こります。そのため、抗うつ剤では脳内の神経伝達物質の分泌量を改善することはもちろん、分泌量が十分な量にならなくても症状を改善するための効果もあります。それは、分泌された神経伝達物質を細胞が取り込まないように阻害する作用です。それにより、症状の改善を期待します。抗うつ剤にはさまざまな種類があることから、患者の症状に合わせて医師が処方する薬を指示どおりに服用することが効果を出すために重要なことです。抗うつ剤は研究開発が進められており、新しい医薬品がどんどん出ています。医療機関においては、まずは最新のタイプのものが使用されます。最新の抗うつ剤を使用することのメリットは、的確に作用することです。つまり、異常となっている器官のみに作用することから、副作用が少ないことです。一方で最新の抗うつ剤は薬の費用が高いことから、治療に必要な費用は高くなります。一方、昔から使用されているタイプのものは強い効果があることがメリットです。その一方で副作用も強く出ることがあります。また、体調によっては服用してはいけないこともあります。薬の費用が安いことから治療費を抑えることができます。つまり、それぞれのメリットやデメリットをよく知ることが大事です。最新の抗うつ剤が必ず効果を出すとは限りませんし、どの薬が効果を出すかは患者によって変わります。そのため、治療効果により使用する薬は変わることがありますが、まずは医師にどのような治療を望むのかということを伝えることがポイントです。