サイトメニュー

脳内環境を整える薬

カウンセリング

正しく服用しよう

抗うつ剤はうつ病の治療に効果的なことが確認されているものの、なぜ効果があるのかと言う点においては、不明点が多いのが現状です。一番有力な説は、脳内にある神経伝達物質の総称であるモノアミンを増やすためだという説です。モノアミンの減少がうつ病の原因のため、これを増やすことで脳内バランスを調整し治療することが可能となっています。ただし、これは仮説に過ぎません。モノアミンには、様々な神経伝達物質の種類がありますが、特にうつ病に影響する物質がセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンの3つだと考えられています。セロトニンの分泌が少ないと不安や落ち込みといった気持ちが強くなり、ノルアドレナリンの分泌が少ないと意欲や気力が低くなります。また、ドーパミンの低下で起こるのが、興味や楽しさなどの感情の減退です。抗うつ剤には、少なくなっているモノアミンを増やす作用と、増やしたモノアミンが再吸収されてしまうことを防ぐ作用があります。うつ病は心の病だと言われていますが、心の強さや弱さが病気を引き起こすわけではありません。脳内環境がバランスを崩したことが原因なので、それを整えることが大切です。抗うつ剤に怖いイメージを持つ人も少なくありませんが、ある程度の期間飲み続けることが重要です。また、抗うつ剤に即効性は期待できません。飲み始めてから抗うつ効果が現れるまでは、個人差はあるものの、2週間から1ヶ月はかかるものです。そして、常に薬の効果が得られている状態をキープすることが大事なので、飲み忘れに注意してください。それから、抗うつ効果が現れたからといって服用を止めてしまうと再発する可能性があります。自力で脳内環境を調整できるようになるまで飲み続けるのが一般的です。初めてうつ病を発症した人では、半年くらいを目安に服用を続けるよう指示されることが多いです。反対に再発した人の場合は、長期にわたって飲み続けることになります。抗うつ剤の副作用には口の渇きや眠気、便秘などがありますが、ほとんどの人が軽度な症状で治まります。抗うつ剤の処方は、副作用が少ない新しい製品から試すのが一般的です。もし副作用が強い場合は他の薬に置き換えることができるので、医師に相談してください。