サイトメニュー

心の病を病院で治す

医者

うつ病になる原因にはいくつかありますが、中でも職場での人間関係や限界を超える仕事量によりうつ病を発症しやすくなります。また、症状を病院で見てもらう場合、抗うつ剤に関する知識を少しは知っておくと、不安にならずに診察に挑めるでしょう。

詳しく見る

治療経験がポイント

看護師

抗うつ剤は脳内の神経伝達物質に作用してうつ病の症状を改善します。さまざまな種類があり、患者によって合う薬は異なります。そのため、病院選びにおいても治療経験が豊富であり、患者とのコミュニケーションに力を入れているかを知ることが大事です。

詳しく見る

気分が優れない時の薬

錠剤

日本では抗うつ剤を入手するには医師の処方箋か個人輸入代行サイトで注文する方法があります。うつ病には種類があり、大うつ病性障害や双極性障害、非定型うつ病などがありそれぞれ特徴も違います。抗うつ剤を使えば気分を安定させられます。

詳しく見る

さまざまな効果がある

医薬品

抗うつ剤は脳内の神経伝達物質に作用して症状の改善を期待します。分泌量を増やすだけでなく、細胞への取り込みを阻害するなどさまざまな効果があります。副作用が大きいものもあるので、医師に事前にどのような治療を希望するか伝えることがポイントです。

詳しく見る

脳内環境を整える薬

カウンセリング

抗うつ剤にはセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンの分泌を助ける働きがあると考えられています。脳内環境を整えるために、半年以上は飲み続けることが大切です。副作用が気になる場合は、他の薬を処方してもらうことも可能です。

詳しく見る

まずは薬からスタート

歯科

効果はどの程度か

抗うつ剤という言葉を知らない人は、現代ではあまりいないのではないでしょうか。これは名前の通り、うつ病の治療に主に用いられる薬です。この人気が、近年高まりを見せています。まず、薬を飲むことがうつ病の治療の第一歩であることが理由の一つです。この病気になる人は頑張り屋なことが多いため、なかなか病院に受診されないことが多いです。そして対処療法を行う気力もなくなるほど症状が重くなってから病院に行かれる。結果、まずは抗うつ剤を内服しながら休息を取って英気を養うことになるのです。そして二つ目の理由が、抗うつ剤の品質が向上し、以前ほど内服のハードルが高くなくなったことです。現在主に使われるSSRIなどの比較的新しい薬は、副作用が軽減され、仕事をしながらでも内服可能なものになっています。最後に三つ目の理由が、うつ病以外にも内服することで効果があるとされる病気の患者数も増加していることです。抗うつ剤は例えば不安障害などにも効果を示すため、メンタルに不調をかかえる人の増えた現代社会にはより必要不可欠なものとなっています。抗うつ剤は急激に効くものではなく、しばらく飲み続けることで徐々に効果があらわれてきます。飲み始めはイライラや胃の痛みなどの副作用が出ることもありますので、明らかにおかしいなどの耐えられない不調がない限りはやめないほうが賢明です。抗うつ剤の機構は、血液中のセロトニンやノルアドレナリンなど、良い気分に関係する物質の量を増加させる事で、患者さんの気持ちを安定させるというものです。これにより、徐々にではありますが『生きていることが辛い』『自分がいることが申し訳ない』といった、うつ病の悲観的な気持ちが薄れたり、食欲が戻ったりすることが見られます。あえて眠気の出やすい薬を飲むことで、不眠から回復することもできます。そして、何より大切なのは抗うつ剤を飲むことで、また様々な意欲が湧いてくることです。体を動かしたり気分転換をしたりする余裕ができることで、より一層の症状の改善が期待できます。このように、うつ病の治療では薬は非常に重要です。精神科にかかるのが怖い、と思われる方もいるかもしれませんが、勇気を出して受診することをおすすめします。